あなたも学んでおこう

The man is smiling

システムエンジニアになったら、何をすることになるのかを教えたいと思います。これは結構勘違いしている人も多いんですが、システムエンジニアの仕事というのは、主にWEBページの企画をしたり、あとはクライアントとの打ち合わせも頻繁に行います。つまり、コーディングを行うことは少ないということです。ではどこの誰がコーディングをしているのかというと、プログラマーと呼ばれる職種の人がコーディング作業を日々行っているのです。要するに、システムエンジニアになってもコーディングが仕事のメインとなることはあまりありません。ただし職場によってはプログラマー兼システムエンジニアとして働いている人もいらっしゃいます。なので自分がなりたい像を叶えられるような職場へ就職することをおすすめしたいと思います。では実際にシステムエンジニアになるためには、一体どうすれば良いのか?あなたがまだ10代であれば、IT系の知識を入れることができる学校を卒業することが一番大事になってくるでしょう。大学でも専門学校でも構いません。ただし、中途採用として異業界からシステムエンジニアに転職するには、必ず事前にプログラミング言語を一つ以上マスターしておくことが大事になります。できることならポートフォリオもちゃんと作って、面接のときにアピールできればたとえ実務経験0でも採用してくれる確率が大幅に上昇するでしょう。システムエンジニアの仕事はどちらかというとコミュニケーション能力も必要となってくるので、黙々とただコーディングしたい方はプログラマーとして就職するようにしてみてくださいね。