Man with glasses cheerfully smiling

rubyエンジニアに

The man wearing sunglass

rubyという言語は今全国的にもかなり注目されているプログラミング言語の一つになります。もしこれからシステムエンジニアとして転職を考えているのなら、是非rubyをマスターしてから転職に挑戦してみてください。ではそんなrubyの解説を簡単にしていきましょう。そもそもruby以外にもプログラミング言語はたくさん世の中にはあって、どちらかというとrubyは他の言語よりも若干マイナー感が出ているプログラミング言語になります。しかしそんなrubyは他のプログラミング言語にはない様々な特徴があり、多くのシステムエンジニアに最近では頻繁に利用されるようになりました。ではrubyならではの特徴とは一体なんなのか?まず一言でいうと、非常にシンプルで使いやすい文法になっております。C言語の20分の1、Javaの6分の1ほどのコンパクトさになっているので、とりあえずrubyを使いたいなら今からいうことだけを押さえておけばOKです。ひとつは、オブジェクトはメソッド呼び出しが可能だということ。そしてふたつめにメソッドはチェインして呼び出し可能ということです。あとはこれを応用したり、シンタックスシュガーという認識で良いと断言しておきます。また、全体的にrubyの機能性が高くなっていますので、他のプログラミング言語を使うよりも少量のコーディングでうまく作れるというのがポイントだと言えます。そして何よりもrubyは守備範囲が非常に広いですから、いかなる環境においても基本的には必ず動作します。これだけ便利に使えるプログラミング言語は他にはありませんので、転職した後でもかなり役に立つでしょう。